お知らせ一覧

声優養成所の費用はいくら?学費など項目ごとに詳しく解説

ブログ

声優養成所の学費・費用はいくら?項目ごとに詳しく解説

「声優養成所に通いたいけど、学費とか費用っていくらくらかかるんだろう?」

「何にどれくらいかかるものなの?」

「学費の安い養成所はダメなの…?」

声優になるために、声優養成所に通いたい方が、最近増えています。

ただそこでネックになるのが、養成所に払う「学費」「入学金」といった費用ではないでしょうか。

決して「安い」と言える金額ではないので、躊躇してしまう方も多いはずです。

そこでこの記事では、

声優養成所の費用はいくらかかるのか

何の項目に、それぞれどれくらいかかるのか

について、くわしく紹介していきます。

また記事後半では、「いい声優養成所の選び方」についても解説します。

声優養成所は「費用が安いから」というだけの理由で選ぶと失敗してしまう可能性があります。

そのようなことにならないよう、しっかり最後まで読んでみてください。

読み終わる頃には、声優養成所の費用について理解し、いい養成所の選び方がわかっているはずです。

いっしょに確認していきましょう!

声優養成所の学費・費用の目安は年間30万円〜51万円

声優養成所の学費・費用の目安は、年間30万円〜51万円前後

その内訳は、下記のようになっています。

受験料(5,000円〜10,000円)

入所料(100,000円〜200,000万円)

授業料(200,000円〜300,000万円)

その他の費用(養成所による)

養成所は2年間通うので、受験料と入所料以外の項目に2を掛けた金額が、養成所にかかるお金の総計です。

それぞれ、どのような費用なのかを説明していきます。

費用①:受験料(5,000円〜10,000円)

声優養成所に入る際は基本的に、「オーディション」を受験し、合格する必要があります。

そのオーディションを受験するために必要なのが「受験料」。

金額は5,000円〜10,000円です。

複数の学校のオーディションを受ける場合は、そのぶん金額も増えることになります。

費用②:入所料(100,000円〜200,000万円)

養成所に入所する際にかかるのが「入所料」です。

大学や専門学校などのような「入学金」のようなものです。

金額は100,000円〜200,000円となかなか高額。

授業料とまとまっている養成所もあるようです。

費用③:授業料(200,000円〜300,000万円)

養成所でおこなわれるレッスンや授業を受けるために必要なのが「授業料」です。

費用の目安は週に1回のレッスンを1年間続けたとして、200,000円〜300,000円前後です。

基本的に、レッスンの頻度が増えれば増えるほど、授業料は高くなります。

専門学校のように週5日の全日制の養成所だと、授業料だけで100万円を超えることも。

費用④:その他の費用

養成所によっては、このほかにも費用がかかることがあります。

たとえば、

教材費

合宿費

施設使用費

といったものです。

それぞれ詳しくお話しします。

その他の費用①:教材費

教材費はその名前のとおり、レッスンに使用するテキストなどの費用です。

授業料に含まれることの多い費用ですが、別途請求がある場合もあります。

その他の費用②:合宿費

合宿費は、合宿をおこなう養成所に入所すると必要になる費用です。

養成所の中には、特訓のような形で泊まりがけで合宿を行うところもあり、参加する場合は費用が必要になります。

その他の費用③:施設使用料

施設使用料は、養成所や、養成所の運営プロダクションの施設・機材を使用する際にかかる費用です。

全ての養成所がかかるわけではありませんが、もし心配な場合は確認しておくと良いでしょう。

費用だけで選ばないで!声優養成所を選ぶ時のポイント4つ

声優養成所_4つのポイント

ここまで声優養成所の費用について解説してきました。

安い金額ではないのでできるだけ費用の安い養成所を調べたくなるところですが、「費用の安さ」だけで養成所を選ぶと、失敗し、お金や時間を無駄にしてしまう可能性があります。

ここで紹介するポイントを参考に、いい養成所を選んでくださいね。

養成所を選ぶ時のポイントは、下記の4つです。

1. 希望するジャンルを学べるか

2. カリキュラムが自分に合っているか

3. 卒業生はどのような進路を歩んでいるか

4. 授業頻度は生活スタイルに合っているか

それぞれ、くわしくお話ししていきます。

ポイント①:希望するジャンルを学べるか

まず大事なのが「あなたの希望するジャンルを学べるか」です。

声優には

アニメの声優

アイドル声優

ナレーション

吹き替え

など、さまざまなジャンルがあります。

養成所を選ぶ際は、あなたの「なりたい声優像」を明確にし、それを学ぶことのできる養成所やコースを選ばなくてはなりません。

自分の「なりたい声優像」とは違う養成所を選んでしまうと、本来やりたかった声優像とどんどん離れていってしまいます。

事前にどのようなことを学べるのかしっかり調べ、あなたの夢が叶う養成所を選んでくださいね。

ポイント②:授業のカリキュラムが自分に合っているか

ポイント①と少し重複しますが、「授業のカリキュラムが自分に合っているか」も大切なポイントです。

養成所やそのコースによって、カリキュラムが大きく変わります。

養成所ごとに特色があるので、自分の学びたいことを学べる学校なのか、またはコースがあるのかどうか、事前にしっかりと確認が必要です。

たとえばアニメの声優を目指すならば、アフレコや演技の授業が重点的に組まれている学校を選ぶべきです。

アイドル声優を目指すならば、アフレコや演技はもちろん、歌やダンスのレッスンも必要になってくるので、そのあたりを総合して学べる学校やコースを選ぶ必要があります。

あなたの「なりたい声優像」から逆算し、自分の学びたいことが学べる養成所・コースを選ぶようにしましょう。

ポイント③:卒業生はどのような進路を歩んでいるか

「その養成所を卒業した方がどのような進路を歩んでいるか」も大事なポイントです。

どんな声優がどれくらいの人数デビューしているか、またどのような場で活躍しているかを、養成所のホームページなどでチェックしてみましょう。

紹介されている卒業生の姿から、その学校に入って成功した、未来のあなたをイメージすることができます。

あなたがなりたい声優と、近いでしょうか?遠いでしょうか?

「こんな風になりたかった!」と思える声優が卒業生にいるかどうか、確認してみてください。

また反対のアプローチで、「こうなりたい!」と思える、あなたの好きな声優さんが通っていた養成所に入るのも、一つの方法です。

その声優さんと同じ道を辿るわけですから、同じような活動をできる声優になれる可能性があるでしょう。

いずれにせよきちんと調べるのが大切です。

この辺りはしっかり調べてから決めるようにしてください。

ポイント④:授業頻度は生活スタイルに合っているか

声優としての勉強・スキルアップに継続して取り組めるよう、養成所の「授業頻度」が生活に合っているかも確認しておきましょう。

授業が行われる曜日や時間帯、頻度は、その養成所によって違います。

週に1〜2回の養成所もあれば、週5日で全日制の養成所もあります。

ここを間違うと無理をして養成所に通わなければならないので、しっかりチェックしておきましょう。

特に、仕事や学業と両立される方は注意が必要です。

自分の生活スタイルに合わせ、無理せずに通える養成所を選ぶようにしましょう。

ラベリテ・プロの声優養成所

わたしたち『ラベリテ・プロ声優養成所』は、声優/芸能プロダクションや制作会社としての顔も持つ「株式会社ラべリテ・プロ」直轄の声優養成所。

カリキュラム終了後に「即戦力として活躍できる声優を養成すること」を目的としています。

「声優を目指す方」を幅広く指導可能で、たとえば上で紹介した

アニメの声優

アイドル声優

ナレーション

吹き替え

などは全て対応可能です。

また特待生制度も設けており、特待生として選ばれると、レッスン料が1年間全額免除されます。

当養成所では、入所オーディションと同時に、特待生オーディションも行います。

希望される方は応募の際に、エントリーシートで「特待生(所属)枠」を選択してください。

まとめ

ここまでの内容をまとめておきます。

声優養成所の学費・費用の目安は年間30万円〜51万円

声優養成所を選ぶ際は、費用の安さだけではなく、4つのポイントで判断する

というお話しでした。

本文中でもお話したとおり、声優養成所は値段の安さだけで選ぶと失敗しやすいです。

ぜひこの記事を参考に、いい養成所を選んでくださいね。

また、弊社ラベリテ・プロ声優養成所でも、生徒を募集しています。

オーディションと同時に行う「特待生オーディション」に合格すると、1年間のレッスン料を全額免除することも可能です。

「我こそは!」と思われる方は、ふるってご応募ください。

声優養成所の特待生を目指すうえで、少しでもお役に立てれば幸いです。