お知らせ一覧

スペシャル対談企画 〜声優、生田輝ができるまで!〜

お知らせ

今回対談するのは、ラベリテ・プロ 声優科講師であり、NHKや多数のアニメに出演歴を持つ芳村れいなさんと、「少女☆歌劇レヴュースタァライト」や「アイドルマスター シンデレラガールズ」に出演する等、声優として活躍中の生田輝さんのお二人。元々は先生と生徒という関係であったお二人に、「声優、生田輝ができるまで!」というテーマで語っていただきました。

   
芳村



 
本日は、声優として「少女☆歌劇レヴュースタァライト」の石動双葉(いするぎ ふたば) 役や、「アイドルマスター シンデレラガールズ」ナターリア役などでご活躍をされ、ドラマや舞台・ミュージカルで幅広く活動されている生田輝さんにお越しいただきました。
こんにちは、お元気でしたか?
 
生田
 
こんにちは、元気にしてました。
 
芳村

 
それは良かったです。
髪、エクステつけてます?
 
生田
 
はい、イメチェンしてみました。
 
芳村



 
とても似合ってますね。すごくかわいい!
本日は初対談ということで、何から話すべきか考えてきたのですが…やはり、これを聞かないとだめかな、って。
ずばり、「少女☆歌劇レヴュースタァライト」の石動双葉(いするぎ ふたば) 役に選ばれた時の感動を教えていただけますか。
 
生田


 
聞いた瞬間、とにかく…『うわ~~~』って言いました(笑)。
なんて言えばいいのか…言葉にできない喜びで…気持ちがいっぱいになりました。
…もう内面から嬉しさが弾ける感じでした。
 
芳村
 
そうですよね。
 
生田

 
実は、あのころスランプで、この事務所に入ったものの何をすればいいのかな?何になれるのかな?って思い悩んでいた時期だったんです。
 
芳村
 
あら…
 
生田



 
そんな時にこのオーディションの話を頂いて、子供のころから声優っていうもに漠然と興味を持ってはいたものの、自分が声優になることにはピンと来ていなくて…でも、“この作品は声優もできるし、舞台もできる、そういうお話だから頑張ってみないか?”とすすめられて、自分なりに凄く頑張ってオーディションに挑ませていただきましたし、本気で全力投球したっていうか…
 
芳村
 
そうだったんですね…
 
生田


 
だから、“決まったよ”って言われたときに、すぐには信じられなくて…担がれてるんじゃないの?って半信半疑な気持ちと、その反面、めちゃくちゃ頑張ったオーディションだったから“あぁ、頑張ったら、やはり実る!?っていう”二つの気持ちが心の中に湧き上がって…
 
生田輝の写真
   

芳村
 

うんうん…
 
生田

 
お披露目のときに、初めてオーディションが決まったって実感しました!(笑)
だから、受かったと聞いたときは、ドッキリかと思うぐらい驚いたし…嬉しかったですね。
 
芳村
 
相当嬉しかったと想像できますが、その控えめな喜び方が、また輝ちゃんの魅力ですね。
 
生田


 
私、一枚ぺらに4言しかないオーディション原稿をオーディション当日までの1週間、毎日練習していて…紙がくしゃくしゃになりました。こういう風に言ってと言われたら言えるように、シチュエーション変えて聞かれたら答えられるように…
 
芳村



 
それは凄い練習ですね。丸暗記するほど、反復練習するっていうのはよく聞きますが、こう言われたら、こう答えよう。このシチュエーションのときはこうしよう、ってことを考えてひとりで掘り下げ練習していったってことですよね?
それは相当、力がありますね。
 
生田
 
そうですか?そう言っていただけると、嬉しいです。
 
芳村

 
それは…まさにこの業界でよく言う、“女神の前髪を掴んだ”瞬間ですね。
そこから、声優への快進撃が始まるわけですが、声優と呼ばれる感じはどんな感じですか?
 
生田
 
まだ慣れないというか…“声優さんですね?”って言われると、“はい”、って即答できない私がいます。
 
芳村
 
あら、どうしてですか?
 
生田



 
私はアニメが大すきで、小さいころからずっと見ていましたので、声優さんに漠然とした憧れはありました。しかし、成長するにつれ、凄い技を持つ凄い集団、ってカテゴライズされてしまって…例えば、女性なのに少年の声をやってたり、見た目はダンディーな方なのにアニメでは若いイケメンの声を担当されてたり…
だから、憧れがあっても簡単には近づけない職業だって思いこんでいましたから。
 
芳村
 
なるほど、そうだったんですね。
 
生田
 
でも、まねっこ遊びはよくしてました。
 
芳村
 
誰のまねっこしてましたか?問題ない範囲で…
 
生田
 
皆川さんとか、朴さんとか…少年ボイスを…
 
芳村
 
錬金術師とか?
 
生田
 
エドとか、越前リョーマの『まだまだだね』とか、鼻にかけて話すようなことをよくやっていました。
 
芳村

 
似てる!
ところで、どんな子供時代をおくっていましたか?
 
生田
 
子供時代は、スポーツばっかりしてましたね。
 
芳村
 
えぇ!もしや…万能ですか?
 
生田

 
いえ、卒なく全部…、あ、でも卓球は無理でした。
なぜか、大ホーームランになってしまって(笑)!
 
芳村
 
あぁ、卓球は加減が…難しいよね?
 
生田
 
私、ゼロか100タイプなんですよ!60パーセントぐらいで何かをするのが下手です。
 
芳村

 
何か、自慢できることありますか?例えば、こんな部活やってました、とか。
こんな珍しいことできます、みたいな。
 
生田
 
ん…トランポリンやってました。
 
芳村
 
それは、超ド級にレアなスポーツですね!
 
生田
 
そうなのかな?身近にあって、みんなやってたんですよ。
 
芳村

 
実は、ここだけの話、私も大阪出身だから想像できます。大阪は体操王国ですから、トランポリンが身近にあったのは頷けます。
 
生田

 
そうなんですよね、普通にみんなやってて、友達に誘われて行ってみたら楽しくて、それから小学校時代6年間やってました。
 
芳村
 
6年間も?それは相当長いから…すごい体力ついたのはないですか?
 
生田
 
確かに、そこから運動能力みたいなものはあがったような気はします。
 
芳村
 
それはそうだと思いますよ。身体能力が要りますよ、トランポリンには。
 
生田


 
中学時代はソフトボール、高校時代はミニバスケットボールをやってました。
でも、ミニバスケットボールって子供のころから続けている子達に適わなくて、レギュラーになれなかったんですよ。
 
芳村
 
あら…輝ちゃんもほどの運動神経をもってしても?
 
生田

 
長くやってる子達の技術力には勝てなくて、仕方ないなと思う反面、やっぱり悔しかったです。それで考えて、朝練前に一人朝練をやってたんです。
 
芳村
 
朝練前に一人朝練?
 
生田
 
朝一番に行って、スリーポイントシュートの練習ばかりやってました。
 
芳村
 
すごい。
 
生田

 
当時部活には、スリーポイントシュートを何本決めたら帰っていいというルールがあって、
毎回一番に帰れたらカッコいいんじゃないか、って考えたんですよ。
 
芳村
 
えぇ!なんてことにトライしてしまうのでしょう。すごいですね!
 
生田
 
最後にはスリーポイントを決めるやつ、て言われるようになっていました。
 
芳村
 
わぁ、本当に凄すぎる…なんて努力家なんでしょう…体が覚えるまで練習したってことですね?
 
生田

 
やりました、何百回も練習しました。
それで、朝練の時間前に、何事もなかったかのように片づけて“おはようございます”って。
 
芳村



 
えぇ!!!すでに女優ではないですか?そのカムフラージュは!
面白すぎて、この話をしていると今日の時間が終わってしまいそうなので、この続きは次回ということで…
さっきも出ましたが、お互い大阪出身ですよね。
東京にきて、言葉を直していくのに、苦労ってありました?
 
芳村れいなの写真
   

生田


 

実は母が東京の出身で、家では標準語で話していたので、それほど苦労はありませんでした。
しかも、幼少時は東京に居たので、標準語と関西弁を使い分けることが出来ます。
でも、声優をやるようになって、標準語だと信じていたアクセントが関西弁だったということはあります。
 
芳村


 
なるほど…
声優と呼ばれるようになって何年か経つと思うのですが、さっきから話にも出たように、声優はとても技巧的というか、専門職的だってことですけど、 “声優は簡単にできそうにないわ”と思ったのはどういう技能を見てですか?
 
生田



 
舞台と比較すると説明しやすいです。舞台では徐々に感情を高ぶらせていきますが、声優の収録は“はい、このカットから入ります”って録りますから、いきなり感情をトップギアにいれないといけません。それに、舞台ではほぼない息の芝居が多いですね。息にも感情があるんだと知りました。私は思うようにできていないので、もっと上手くなりたいと思います。
 
芳村
 
いえいえ、そんなことはないのですよ。出来ているから活躍しているのですよ!
 
生田
 
ありがとうございます。
 
芳村


 
まだまだ聞き足りないですし、話したりないのですが、お時間もそろそろなので、最後に、
これから、声優を目指すみなさんや、これからどうしようって悩まれてる人、声優になりたいんだけどなかなか一歩踏み出せない人に、ひとこと、お願いできますでしょうか?
 
生田






 
私自身、声優になりたいとまで具体的に考えていなかったにもかかわらず、今こうしてお仕事をさせていただいているので、人生は何が起るかわからない、やりたいなって思うことはやった方がいいと思います。やってみて違ったら、また違う方面に行けばいいことなので、
今の気持ちを大切にして欲しいです。胸にある小さな夢に向かって踏み出さないのはもったいない。若い方なんかは、特に基礎からしっかり学んだ方がいいと思います。
ぜひ、基礎を学んで、いつか私と一緒にお仕事しましょう!
それには、いい先生に出会うことかと思います。
 
芳村
 
それって、私のことでしょうか(笑)?
 
生田
 
もちろんです!私の先生は芳村先生しかいません。
 
芳村



 
ありがとうございます、とても嬉しい。
私が思うことですけどね、輝ちゃんはきっと出会いを大切にしてきたと思います。
出会いを大切にできる人は、輝けるんです。また対談でお会いしましょう!
ありがとうございました。
 
生田
 
はい、ありがとうございました。
 
生田輝と芳村れいなの写真