お知らせ一覧

スペシャル対談企画 〜狩野直人×出光秀一郎〜

お知らせ

大学卒業後、芝居の世界に飛び込み数々の作品に出演し、現在はアプレに所属している出光秀一郎氏。長い経験をもとに、後進の育成などにも意欲をみせる出光氏に、本スクール俳優科代表の狩野直人がその足跡をたずねた。

   
狩野
 
出光さんが、俳優を志そうと思ったのはいつで、その時はどのようにして俳優になろうと考えたのでしょうか?
 
出光


 
大学の就職期に映画監督を志し、映画会社やテレビ局等へ就職活動をした折、面談相手の方から役者の道を勧められて老舗の劇団へ見学に行きました。
そこで初めて間近に見た稽古中の役者たちに惹かれ、すぐにその門をたたきました。
 
狩野
 
表現をする仕事がしたい、という気持ちがある中で、俳優はどうか?と誘われたのですね。
 
出光


 
正確には、「俳優になれ」と勧められたわけではなく、そのTV局のプロデューサーからは『将来、映画監督をするにしても「芝居」を知らなければ監督はできない』と言われたのです。その言葉はとても印象的で、初めて「芝居」という言葉に触れ、演じるということを意識した瞬間でもありました。
 
狩野






 
実は、私も高校3年の時に映画監督になりたいと考えていたのですが、当時はその方法がわからず…。今のようにインターネットで検索することもできないわけですから、地道に専門学校の資料を集めたりしながらエキストラをしたり、映画会社の宣伝のお手伝いをしていました。そんな時、知人から演劇をやってみないかとの誘いが。誘われるまま、観劇に行くと、そこにはお芝居をされている三上博史さんがいらっしゃって。そのまま、三上さんの付き人&新人俳優として劇団に入らないか?とお誘いを受けました。とはいえ、初めて観る舞台のお芝居というものに圧倒されすぎていたのか、当時の私は即座にお断りをしてしまいました。流れるような展開についていけなかったのかもしれません(笑)。
 
出光
 
笑。
 
狩野
 
稽古をみて惹かれたのはどんな事を目の当たりにしたからなのでしょう?
 
出光



 
率直に言いますと、大の大人が昼間から本当にお芝居の練習をしているんだ…と驚きつつも、その真剣さと言いますか、それに向き合う熱量の多さみたいなものに惹かれました。
もしも映画会社に入れたとしても必ずしも映画を創らせてもらえるとは限らない。でも役者になったら、必ず芝居ができるんだと、その後は徐々にそんなふうに考え始めました。
 
狩野






 
熱量につき動かされたというところでしょうか。
私は稽古の過程を見ずに本番の舞台を観劇した訳ですが、良くも悪くも衝撃的すぎて。自分には到底できない、と気後れし、思い切って飛び込めませんでした。
映画監督になる為の通過点のひとつとして考えた時、当時は演じることに対してそこまで熱くなれなかったし、もっと違う道がある、と判断してしまった。
出光さんは、強い熱量があるのなら役割が違ったとしても、好きな世界の中で生きていこう、と考えられる柔軟なところがあったのですね。立派ですね。
 
出光
 
立派だなんてものじゃないのですが(笑)、役者から入って監督もやっちゃえばいいし、みたいな考えはありました。
 
狩野
 
チャレンジできる環境と、その勇気があるかが大きな分かれ道になりますね。
 
出光
 
チャレンジする勇気。それは間違いなくそう思います。
 
狩野


 
俳優に誘われるというターニングポイントが、我々には共通していますが、現在はこうして互いに違う道を歩んでいる。僕は勧められた道を若き自己判断で断ってしまいましたが(笑)、出光さんは諸先輩や指導者のアドバイスなどを踏まえて力の限り挑戦してこられた。
 
出光
 
やはり、周囲のアドバイスや先導者の導きは貴重なのだな、と感謝します。
 
狩野

 
俳優にチャレンジしようと決めた当時の自分に何と言ってあげたいですか?若き日のご自身にアドバイスを(笑)。
 
出光
 
ナイスチャレンジ!(笑)
決して、辞めるな!ですね。
      左:出光秀一郎 / 右:狩野直人

 

出光秀一郎

福岡県出身。大学を卒業後、劇団青年座に所属し、現在は映画やテレビドラマを中心に活躍中。NHK大河ドラマや「相棒」にも出演歴を持つ。東京と福岡を拠点に企画立案や後進の指導にもあたっている。