総合芸能科

Main Course

Curriculum

総合芸能科のカリキュラム

ラベリテ・プロ 総合芸能科のカリキュラムです。オーディション合格に直結する内容を体系化したカリキュラムを現役の映画監督や演出家、芸能事務所代表が直接お伝えします。一つの可能性に絞らない総合芸能科だからこそ身に付けたい「なりたい自分」探求の指針を確立していきます。


※授業の編成によってカリキュラムは変動します。


 

宮川安利

01ミラーイメージ
 ・・・目の前にいる相手の細部への集中力を高める
02座りの観察
 ・・・人の動きへの興味を養う
03歩きの観察
 ・・・人の動きへの興味を養い、細部まで神経を使うことを身体で覚える
04歩く、座る、立つ
 ・・・役の特徴を知る、考える
05身体のパーツ集中
 ・・・身体のパーツ一つ一つに意識を持たせる練習
06音節と身体
 ・・・台詞の最小部分(音節)に身体を繋げ、大胆に動くことを知る
07俳句と身体
 ・・・前回の応用、音程とリズムのある俳句と身体の表現
08“はい”芝居
 ・・・一つの言葉を使い、3つの違い(動いて話す、話して動く、動きながら話す)
09役と身体
 ・・・自分のモノローグの役の身体を考える
10モノローグ1
 ・・・今までのクラスをもとに役、言葉に向き合う
11モノローグ2
 ・・・最終日に向けて
12モノローグ最終
 ・・・発表

 

狩野直人

01プレイヤーの仕事
02プレイヤーとしての勉強の仕方
03プレイヤーとしての歩み方
04キャスティング エピソード
05面接&オーデション例
06プレイヤーの成功例
07マネジメント エピソード
08台本の読み取り方
09映画、テレビ、舞台の違いなど

各コースを担当する講師の紹介もぜひご覧ください!